横浜市港北区 居宅介護支援事業・訪問介護サービス・障害福祉サービス・福祉タクシー事業・自費サービス

居宅介護支援(ケアマネージメント)

  • HOME »
  • 居宅介護支援(ケアマネージメント)

ケアマネジャー(介護支援専門員)にて行う、ケアプラン(介護サービス計画)作成手順をご説明します。

①アセスメント

利用者様と面談を行ないます。この時は、挨拶と顔あわせからはいります。利用者さんがどこまで心を許して自分の事を話してくれるか、この始めの数秒がよいケアプランをたてれるかどうかの境目になる可能性もあります。

②利用者様のニーズを把握する

現時点のニーズ・そして将来に起こるであろう問題を、利用者さんの話をききながら分析していきます。

③仮のケアプランを作成

表裏一体のニーズを分析して、サービス事業者と連絡調整を図ります。
仮のケアプランが完成したら 利用者にみせて了解をとります。
調整する箇所があれば手直しします。

④カンファレンス開催

事業者と連絡調整をはかり、利用者のニーズに対してどうサービス提供を行なうか利用者・家族を含め話合います。

⑤ケアプラン完成

カンファレンスの結果を元に、ケアプラン内容が決定すれば利用者・家族に説明後、承認印をもらいます。

⑥サービス開始

承認印を押印後、サービスが開始されます。サービス提供中も利用者へのサービスがうまくいっているかどうか利用者様宅に訪問したり、業者と連絡をとったりとサービス状況(モニタリング)の確認を行ないます。
調整する必要があれば再度ケアプランを作成し直します。

⑦モニタリング

ケアプラン作成は上記のようなサイクルで流れていきます。又、ケアプランには期限が設定されていますので、6ヶ月程度でケアプラン見直しをする必要があります。
その間、月1回のモニタリングも義務づけられていますので、利用者様宅に訪問してカルテに記録を残す必要があります。

サービス提供後もサービス提供機関と連絡、調整をして常にケアプランを見直していきます。

お気軽にお問い合わせください TEL 045-548-8090 受付時間 9:00~18:00(時間外も転送にて可)

PAGETOP
Copyright © 有限会社はぁもにぃ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.